こんなところで働きたい!職場で決めるバイト探し

こんなところで働きたい!職場で決めるバイト探し

飲食店は接客が大事

昔はアルバイトと言うと高校生から20代ぐらいまでが多かったです。
最近は30代になってもアルバイトをする人は多いですし、定年した後にアルバイトをする人が多いです。
年金が受注される年齢が遅くなっていっているという事もありますが、金額が下がっているという事もありアルバイトをする人も年々高齢化していっています。
高齢化はしていますが、若い人ももちろんいます。
それだけに最近はアルバイトをする人の年齢層は幅が広くなっています。
アルバイトもいろいろありますけど、接客が主なのと言えば販売と飲食業でしょう。
飲食業は調理師や洗い場などの奥で仕事をする人はほとんど接客の必要はありませんが、ホールで仕事をする人は接客の必要がありません。
必要があると言うよりは接客が仕事ですから接客がちゃんと出来ないといけないでしょう。
接客がちゃんと出来ていない所はいくら料理がおいしくてもなかなかお客さんは来ません。
それだけ接客は大事です。
飲食店がアルバイトを雇う際は大抵、接客がちゃんと出来るかどうかを判断材料として採用を決めています。
それだけ飲食店にとっては接客の良し悪しでお店の死活問題にもつながって来ます。
接客態度で違ってくるのは何も飲食店だけではありません。
飲食店以外のアルバイトでも接客は大事な事です。
ファストフードでも、物販でも、そしてコンビニにしても接客で客の出入りは違ってきます。
接客は販売の基本と言うぐらい8割方は接客で決まります。
それだけ接客は非常に大事な事です。
接客が大事な飲食店ですからアルバイトで入ってきた人が最初にする事はだいたい挨拶を覚える事でしょう。
ある程度の年齢に達すると教えられなくてもちゃんと挨拶が出来る人は多いですが、若い人の中には挨拶があまり出来ていない人もなかにはいます。
それだけに接客の基本は挨拶からと言う事からちゃんとした挨拶を教える所から始めるお店は多いです。
昔みたいに外食をする人は減ってきてはいますが、それでも外食をする人はまだ多いです。
それだけに飲食店の役割も大きいと言えます。
アルバイトもいろいろな職種はありますが、正社員と違ってアルバイトの場合はほとんどが接客業になります。
もちろん、製造業など他のアルバイトもありますが割合的には接客業が多いです。
それだけにアルバイトの基本は接客とも言えます。
飲食店は接客あっての物ですから飲食店でアルバイトをするのなら接客は基本です。
飲食店は接客が命みたいなものですからアルバイトも接客態度はちゃんとした方がお店のためでもありますし、自分のためでもあります。

Copyright (C)2014こんなところで働きたい!職場で決めるバイト探し.All rights reserved.